HOME
パラカウンセリング研究所とは
NPO法人APL・パラカウンセリング研究所とは、
各種の心理学的な研究事業を行い、個人及び社会生活に
対し、心身の健全な発展を目的とする法人である。
(NPO)特定非営利活動 法人 APL・パラカウンセリング研究所は、A=アビューズ/P=サイコロジカル/L=ラボラトリーの略であり、アビューズとは虐待という意味あいを持つだけでなく、DV、非行、燃え尽き、息切れ、引きこもり、不登校・軽度発達障害・そしてターミナルケア等全てに関わっている現象だと考え、その様々な心理対応方法を研究し、如何にしたら世の為人のためになるかを実践している研究機関です。

また、それら全てに対応できるセラピストカウンセラーを当NPO法人のスタンスである、ハードンチャイルドという無意識の中心を用いて育成し、守秘義務を持った親友のような安心のできる安全なカウンセラーを育成している研究機関です。
パラカウンセラーとは、医師のような薬を出す治療家ではなく、傾聴だけの表面的な安らぎを与えるだけの傾聴ボランティアではなく、癒せるセラピストカウンセラーのことをいいます。

精神科のような医師を治療家だとしたならば、ピアカウンセラーとは単なる話し相手の(傾聴者)であり、パラカウンセラーとはセラピスト(癒す人)なのです。
プロ・パラ・ピアのカウンセリングの名称が、カウンセリングの世界にあり、プロは精神科医・パラはプロに準ずる者・ピアは仲間(つまり相談者側)という分け方になっています。
今まではピアがパラの役目を担っていました。しかし、ピアは相談者という単なる話し相手に過ぎず安らぎは導けても癒せません。
そして、精神科医は薬が出せることからより病的、治療的に向かいます。

つまり、プロに準ずるパラカウンセラーとして癒しを行うためには「自身の無意識を整理」できた者でなくてはなりません。
ピア(傾聴)的な思い出せる意識だけの対応は表面の安らぎを与えるだけのものなのです。
それ故ピアカウンセリング行為だけでは、表出された心の内面の痛みの基である傷を出させただけで癒せず、放置したままにしてしまいます。
為に癒せるスキルを身に着けたパラカウンセラーが必要になるなのです。

ピアカウンセリングとは話し相手としてしか用いてはいけない手法であり、また内面には入れない、認知症のお年寄りなどには向いています。

APL・パラカウンセリング研究所で研修を終了したカウンセラーを、セラピスト又は『サブサイダー』又は『心理対話療法士(MPDT・・・マルチ、サイコ、ディスカス、セラピスト)』と呼びます。
サブサイダーとは「側に寄り添う人」という意味であり、
この名称は当NPO法人の研修の初級修了者の時から使用されます。
心理対話療法士が当NPO法人の資格でありこれを「セラピスト」といっています。
パラカウンセラーは、自信のないクライアントに、自身を持たせる役目を持っています。
そしてクライアントの自信のなさがどこから来るのかを、見つけ、クライアントが自分自身を、責めない・裁かない・いじめない・痛めつけない人となれ、自分で自分が愛せる人になれるよう導きます。

ですから、パラカウンセラーとして癒しを行えるのは「自身の無意識(ハードンチャイルド)」を整理できたものでなくては行えません。

ピア的な思い出せる潜在意識だけの対応は、表面の安らぎだけなのです。自分では思い出せない無意識であるハードンチャイルドを気づかせ癒しに導かなくてはならないパラの時代に、現代が今来ていると思えます。
現代は、多様さが出てきている時代です。セラピストカウンセリング行為には、相性もあるため、1人2人のセラピストの存在ではまかないきれません。
多様なセラピストカウンセラーがいなければ、クライアントは結局わかってもらえないと、また、引きこもった自分の心の空回りを続けることになります。
その為には様々な、多数のセラピストカウンセラーを育成しなくてはならないと考えています。