HOME
パラカウンセリング
< Para Counseling >

APL・パラカウンセリングのセラピスト・カウンセラーが学ぶことは、対話を通してハードンチャイルドという、今の自分は覚えていないけれど、無意識の底で辛い思いで固まった『凍りついた子供』という原点を見つけ、そこにもともと人として持っている基本的信頼感(自己信頼感)を気づかせる方法を取ることで、自分に自信が持てるように再構築をしていく者です。決して自分を責めない、痛めつけない、虐めない、裁かない人間として、表面的でない根本からの生きる力を取り戻す導きをします。それは自分の心に本当の自信が生まれることであり、そのことはまた、自身の心にOKの承認(自己信頼)が生まれることでもあります。即ち人の心のストレスを消滅させ、安らいだ人間性を取り戻させる癒しを与えることになるのです。そして我々セラピストはサブサイダーとしていつまでも、その人のOKを証明していく者として存在していきます。
APL・パラカウンセリング技法とは
カウンセリング行為とは『問題解決は相談者が持っている』ということを重要視します。ですから、相談者の心の中に土足で入り込まない為の訓練が必要になります。また、パラカウンセリングとは、健常者が病的にならない予防のためのようなもので、医療的なものではありません。ですから医者が決して行わない自己開示をすることで権威者にならず、治療者(医者)非治療者(患者)という立場を壊した対応を行います。その為にカウンセラーは、自分の心のルーツの整理が必要になります。何故ならば心の整理ができていない状態で、訪れたクライアントの相談が自分の整理されていない問題と同じだった時、往々にしてカウンセラーは、その場で頭が真っ白になる(フラッシュバック)という再体験を、おこしたり、その問題に取り付かれる思い込みで対応ができなくなることを、おこすからです。また、カウンセラーの心の内面が整理されていないと自身の心にガードをつくります。自己開示ができないことは心の何処かにガードがあり、もっと深い意味では、自身が気づいていないガードもあるのです。
カウンセラーになるためにはそのガードを取らなくてはなりません。
自分のことを嫌っている人のことはなんとなくわかるように、ガードとは『拒否感』を相手に与えるものだからです。つまり気づいていない深層のガードの部分まで自身が気づいていないと、対応しているクライアントに『拒否感』を与えてしまうのです。
なぜならば、ガードというものは自身の痛みを予防するものであり、その痛みの予防の厚みは、厚みゆえに、他人の痛みに鈍感になるものだからです。それはクライアントを傷つけてしまうものであり、為にそのカウンセリング行為は成功しないことになるのです。ですから自身のルーツの探索をしていき、自身のガードに気づき、責めない、痛めない、虐めない、裁かない自分になることで、自身を解放して、自己開示をスムーズにし、クライアントの心に抵抗なく寄り添えるサブサイダーとなれるよう、またセラピストとなれるよう、安全な守秘義務の保たれた場所で研修していくこと、それがこのAPL・パラカウンセリングのセラピストの研修です。
そして自分の心の整理をするためのこの研修をしていく一番のメリットは、不思議なことに、自身が一番心穏やかな安定した心になっていくことです。気づいたら自分の心も安定し、いつのまにかカウンセラーにもなっているという一挙両得もあります。
もしカウンセラーになる気のない方でも、ご自身の心の不安定が落ち着くことの体験ができるので、体験してみることをお勧めします。

カウンセリングとは、自分の内界の世界を覗き見るものです。
訓練のない素人が一人でやると自己反省に捕まり、帰ってこれない引きこもりをおこします何故ならば     心の内界を見ると言うことは、自己反省をすることではなく生まれてOKの自己信頼を取り戻すためにするものなのです、しかし原因だけを伝える理論・理屈である頭脳だけの駆け引きは、心に否定的(ネガティブ)な状態を引き起こし、帰り道がわからなくなり、病的になってしまうことを引き起こすのです。