用語解説
主にパラカウンセリングで使用する用語を解説しています。

HOME
ハードンチャイルド (Harden Child)

ハードンチャイルドとは、苦難や苦痛で悲しみの余り心が固まり、凍りつき、時に無感動になってしまっている本人が気づいていない、忘れ去られた、いや忘れてしまいたかった幼い日の子どものことをいう。見捨てられたあまりの悲しみ辛さに『自らで忘れ去らせてしまった』けれど、成長過程の場面において、本当の自分になるために傷を思い出して、癒し助けてほしいと、もがいている、ふたをされた、心の奥底にいる三歳以下の固まってしまった思い出の子供のことであり、実際に存在する思い出であるが、現実の感情には感じ取れていないもの。つまりの深層心理にいるコア(核)の子供のことである。

サブサイダー (Subsider)

APL・パラカウンセリング研究所における、パラカウンセラー(セラピスト)の総称である。当NPO法人独自の用語である(サブサイダー)=側に寄り添う人という、相談者の心にいつも寄り添い、励まし、独りぼっちにしない親友のような安全な仲間としてクライアントの側に居続ける者。
安全な話し相手のいない現代で、唯一安心できる場所がここである。

メンタルリハビリティター (Mental Rehabilitator)

APL・パラカウンセリング研究所における独自の用語である。(メンタルリハビリテイター)=社会復帰のための訓練士と称し、当NPOのスタンスであり独自の用語であるハードンチャイルドを導き対応しセラピーを行うセラピストを言う。
別名、当NPO法人の認定資格でもある『心理対話療法士』とも同様である。

自己開示 (じこかいじ)

通常の場合カウンセラーは中立的な立場をとってクライアントの言わんとすることを傾聴するが、時と場合で自分の経験を述べ、カウンセラー自身がどう感じているかを率直に話すことがクライアントの役に立つことがある。為にカウンセラーは自分の心を示すことをする。そのためには自身の心の整理ができていないと、ちょうどおもちゃ箱の中がごちゃごちゃで整理されていないのと同じく、ぬいぐるみの場所はここ、お人形の場所はここ、ラッパの楽器の場所はここということがちゃんとなっていないと、ごちゃ混ぜの心でクライアントの心を聞いても、自身の心が整理できてなくてクライアントの心の整理はできっこなく、逆にフラッシュバック(再体験)や、思い込みの押し付けのカウンセリング好意になってしまうので、自己開示というものは訓練が必要だと理解してもらいたい。

グリーフ (Grief)

グリーフとは深い悲しみを指すことである。深い悲しみには泣けないとか、食事ができないとかの反応がある。では、悲しいとはどんな時だろう(原因)それは、何かを喪失した時、つまりたとえて言うなら離婚とか、愛するわが子を死なせたとかペットの死等々たくさんあると思う。
未解決のグリーフは一つの情緒的な傷であり、その傷は親密な関係を阻害したり(悲しみの余り閉じこもってしまうとか)、現在の苦闘を生み出す原因になる。

アディクション (Addiction)

アディクション (嗜癖) とは「くせ」というあるものにはまってしまうことで、本人は気づかず行っているか、やめたくてもやめられないもののことをいう。
アディクション (嗜癖) というのは、脅迫的行動の一つである。現代人は襲いかかる不安を打ち消そうとして、アディクション (嗜癖) へ走っていく場合が多い。
アデイクションの中に人間関係嗜癖として共依存が存在する。

アダルトチルドレン (Adult Children <AC>)

アダルトチルドレンの語源は、アダルト・チルドレン・オブ・アルコホリックス(Adult Children of Alcoholics)である。
この言葉から分る通り、アルコール依存症の治療現場から生まれた言葉である.
もともとは『アルコール依存症の親のいる家庭で生まれ育ち、大人になった人』という意味であった。現在ではこの意味が拡大され、機能障害の家庭の子供も含めて、アダルトチルドレンという言葉が使われるようになっている。後者の場合、厳密な呼び方は「アダルト・チルドレン・オブ・ディスファンクショナル・ファミリー (Adult Children of Disfunctional Family)」となる。
ACは病気ではなく、自らがACだと自覚した人に使われる。

アサーション (Assertion or Assertive)

名詞的に使うとアサーションで形容詞的に使うとアサーティブとなる。
意味は、断言、言明。形容詞では、断言的な、断定的なとなる。アサーティブネス(Assertiveness)で自己主張となり、自分のいいたいことは言おう、ただし、その場合は自己責任もちゃんと取り、相手の立場・状況をちゃんと読み、対等な立場で話そうということである。

ドメスティックバイオレンス (Domesutic Violence <DV>)

家庭内など親密な人間関係でおこる夫婦(恋人)/親子間など、パートナー間での暴力のこと。
日本においては一時期、子供から親(主に母親)への暴力を「家庭内暴力(ドメスティック・バイオレンス)」として、一般に紹介していた。夫婦間等のDVの場合は、圧倒的に男性(夫、彼氏)から女性(妻、彼女)へというケースが多い。DVの女性は共依存的意識を持っている人が多く、支配されているようでいて、本当は支配したい為に支配されている場合が多い。

エンパワメント (Empowerment)

エンパワメントとは自分の人生に関する事柄に向き合う力の事。自分の過去と現在の痛みを認め、それに直面することができる。現実を受け入れる事が、人生の痛みの部分を癒す力を与える。

ロールプレイ (ROLEPLAY)

ロールプレイは役割(role)を演技する(play)方法である。
学習としてはカウンセラーとクライアントに別れる。両者が向かい合いその周りをリーダーやグループメンバーが観察者として取り囲む。このような設定のもとでカウンセリング場面を想定した演技をおこなう。

共依存 (きょういぞん)

ACと区別がつかないこともあるが、ACの場合は「個人」の内面に焦点をあてているが、共依存の場合「他者」が必要であり、「他者」との人間関係に焦点をあてているものを共依存という。
つまり 夫婦関係・家族関係のような人間関係がかかわりとなる。

【特徴的例】
共依存者は対等というものには耐えられない。
共依存者は自己の評価が低い為、相手にサービスできない自分であった時、自分が相手に受け入れられることが信じられず、何もしてあげられない自分に対して、相手は自分を嫌うか、憎むか、無視するだろうと思い込む為、相手に近寄れなくなるのである。
つまり共依存者とは、相手に尽くす為に生きている者のことを言う。(しかし、根底では他者を支配したい欲求が隠れている)

共感 (きょうかん)

相手の言っている事柄や事実や状況とそれに伴う感情表現が、聴いている自分のことのように相手の立場や気持ちになって、一緒に感じてあげられることをいう。

嗜癖 (しへき )

アディクション (Addiction)の項参照。

受容 (じゅよう)

相手を受け入れようとする態度をいう。つまり話を聞いているこちら側の判断や評価を全く加えないで相手の言う事をそのまま受け止めようとするカウンセラーの姿勢をいう。

秘守義務 (ひしゅぎむ)

業務上 他人の秘密を知り得たものが、その秘密を漏らさないように守る義務のこと。
理学療法士など多くの医療系の職種、社会福祉士、介護福祉士、民生委員は、各々の根拠法の中に「秘密保持義務」の規定がある。
来談者との信頼関係を前提とするカウンセラーも同様に、他人の秘密やプライバシーについて十分配慮すべきである。