資料請求およびお問い合わせなどはこちらをクリックして
内容を明記のうえ、お送りください。


           グリーフの電話
          ≪グリーフとは喪失による深い悲しみを意味します≫
    
    深い悲しみには、泣けないとか、食事ができないとかの反応があります。
       では深い悲しみとはどんな時でしょうか、それは、何かとても大切なものを
       喪失した時、つまり、離婚とか、愛するわが子、大切なペットを死なせたとか等
       失くしたものに対する心のことを言います。

  
※当NPO法人の≪グリーフの電話≫は、喪失だけでなく、マルチな事情にも対応   しております。(現在は予約が必要になっております)

 【グリーフの途上にいる人はどのように行動し、どのような感情を持つでしょうか】

 
泣く・・・死等に対する正常な反応です。感情の自然な発露であり、止めるべきではありません。
 
怒る・・・愛する人があなたを残して去った事に怒りを感じたり、病状をいち早く診断しなかったり、
       死を未然に防げなかった専門職に怒りを感じること。

 
罪悪感・・・愛する人などに生前適切な対応をしてあげなかったと感じること。
 
否認・・・この喪失は現実ではなく実際には起こらなかったと思うこと。
 
不安・・・落ち着かず、何かに手を付けるが集中できない。目的もなくうろつき、物忘れをし、
       家事などをやりかけるが最後までできない。
 
孤独・・・最早そこにはいない人等に話しかける度に、日に何回も襲われる空虚感。
  追憶・・・繰り返し語ることで、愛する人を思い出しその死を実感すること。

  身体的な反応・・・食欲がない
。睡眠障害があり、疲労感もある。
  
  
≪グリーフの人に必要な事≫・・・エンパワーメント
 時間・休息・安全性(ストレスになることを減らす)・希望(自分と同じ喪失感をした人との語り合い)・小さな楽しみ(散歩など)・ケアリング(他の人、特にカウンセラー等からの優しい言葉を受けること)
 
それによって生きる力を取り戻すこと、エンパワーメントというが、エンパワーメントとは自分の人生に関する事実に向き合う力のこと、自分の過去と現在の痛みを受け止め、それに直面することができるようになることを言います。

HOME