最近の研修の記録
NPO法人APL・パラカウンセリング研究所
研修参加生の感想報告

 

・・・Y子の場合・・・ 

 私がこの研究所を知ったのは長女のことがきっかけでした。長女は24歳の時に結婚しましたが、ほぼ2ヶ月で破綻してしまいました。もともと、うつ病と医者に診断されていましたが、私はそれだけでなく境界性人格障害も併発しているのではないかと思っていました。

 離婚後長女が戻ってきましたが自殺の可能性もあるで一緒に住んだ方がよいとも思ったのですが、次女が居て2人は折り合いが悪くそのうえ次女は引きこもりでもあったので、日中私が留守の間何かあってはならないと、長女は近くのアパートに住まわせました。

 仕事中長女からメールで「すぐ来て!」の内容にすぐ対応しなかったら「じゃ、家に火をつけるからね」との返事で、まさかそこまでしないと考えつつ長女のアパートに走っていくと本当にカーテンを燃やしていて煙が立ち上がっていました。急いで消しているうちに長女は家から飛び出していき、自殺するかもしれないと警察を呼んだりしました。

 私の頭の中には「なぜ娘を抱きしめられないのだろう?」という疑問がありました。長女は自分に目を向けてほしくて規定以上の睡眠薬を飲んでみたり、アパートの2階の部屋のベランダから飛び降りてみたり、昼間別れた夫の職場に何度も電話してみたりと気狂いじみた努力をしていました。
 ある夜とうとう大量の睡眠薬を飲みそして自分で救急車を呼び(境界性人格障害の手段)病院へ運ばれました。

 私の仕事場に病院から連絡が入りました。病院では長女が意識もうろうとしています。その長女を見て私は「なんて情けない、こんなことまでして!どうせ狂言でしょう!」そう思ったのです…ひどい母親です・・・傍にいた夫が「寂しかったんだよ、抱きしめてあげろよ」と言った時、私は傍にいた看護師さん達の手前シブシブと抱きしめたようなものでした。でも妙にぎこちなくて、芝居めいていて気恥ずかしい、そんな妙な気持が思い出されます。 

私の小さい頃両親は共働きで日曜日は母親は家の仕事で忙しく、お出かけは父親とでした。父はとてもお酒が好きで、自分の家でお酒を沢山飲むと母親が嫌な顔をするので家ではあまり飲まずその分外では羽目をはずして飲んでいました。

 そしてある日飲みすぎてトンネルで寝てしまったのです。電車がきたら大変なのに起こそうとしても起きてくれない父親を目の前に、途方にくれている幼い私がいました。その幼い子に何回か会いに行くうちにその子が私にこう言いました「私お母さんに抱きしめられたことがないのぉ〜」大人の私は涙があふれ思わずその子を抱きしめていました。
 涙が後から後からでてきました。その幼い子の発した言葉は長女が3度目の処置入院で面会に行く電車の中でしたので、拭っても拭っても出てくる涙を向かいの席の人は怪訝そうに見ていました。

面会時間の終わりに長女に思い切って言いました「お母さんは自分の母親に抱きしめられたことがなかったのよ、だから貴女を抱きしめた事もなかったかもしれないね、寂しい思いさせたね、抱き方下手くそかもしれないけれど今ハグしていい?」周りにいた看護師さん達が「お母さんにハグしてもらっていいなぁ〜」と拍手してくれました。

照れくさかったけれど、娘の体温も強く感じたし、本当に私の子供なんだなぁ〜と今更ながら実感しました。それから一ヶ月ほどして長女は退院して2人で映画を見た帰り、電車のホームで「さよなら」を言おうとしたら長女の目がハグしてと言っていました。
 少し躊躇しましたが、しっかりハグして別れました。今までもこんな目で私を見ていたのに、気づかず28年間ごめんねと心の中で謝りました。

 


HOME