私誘那が心理カウンセラーを育成しなければいけないと思ったのは、私自身の心が病んだ時に、出会った数々のカウンセラーと称する人々の無理解さ、そして、癒してもらえない不満足感からでした。

 その上に辛い悩みをもち、カウンセラー面談を行った様々な人々から聞くカウンセラーと称する人々への不信感もありました…それは単なる表面的な話し相手でしかないことや、専門用語の羅列や、傷ついているクライアントに対する学問的のみの対応で、本当に苦しんでいる人の心の底には触れず癒さない、いや、癒せないカウンセラーの多いことから、これではいけないという思いで始まったものなのです。

 心理カウンセラーと称する者は、自分の心の内面の整理ができていなければ、クライアントに対応してはならないと思うのです。
 特に自己の内面の劣等感というものを整理していなければ、クライアントを癒しに導くことは決して出来ません、ですからカウンセリング行為は行ってはいけなと思うのです。

つまり「心理カウンセラーとは、まず自分自身の内面の整理ができていなければならない!」ことが大前提だと思います。

 それは、クライアントの否定感に対して、決して自分の心が傷つかない状態にまで整理しておかなければいけないことに繋がると思います。
 何故ならばそうしておかなければ、クライアントの否定感に自分の内面の否定感がフラッシュバック(再体験)してしまい、無意識にクライアントを否定したり、又は、クライアントの言い分をただ受容共感するだけでスルーして、クライアントの傷はそのままで、癒さず放置する事をしてしまい、心理カウンセラーとしては何の役にも立たない状態を作り出してしまうからなのです。

 当NPO法人は、クライアントへの拒否や、傷つけ防止の為の内面整理カウンセリング教育を行っています。
 この方法は、自分自身にも自信が付き、しかもクライアントや友人、身内などの心もよく読めるようになる一石二鳥の研修です。

 世の人々が希望を失い、疲れ切ることの無いような、そんな方法をスキル
として持った、心理カウンセラーの育成がここでは行われております。

興味のある方は、資料請求/案内を参考ください。
〜 カウンセラーを目指す
あなたに伝えたい想い 〜
HOME