≪自己紹介≫

カウンセラー誘那は以下の資格を持っています。

● 日本大学文理学部心理学科卒業

● 応用心理士(日本の2大心理学会の1つである学会の認定)の資格

● 上級教育カウンセラーの資格を持ち、セラピストカウンセラーであり理事長を務める
   NPO法人APL・パラカウンセリング研究所では、研修生に対し傾聴カウンセラーの   資格と、MPDT(心理対話療法士)の資格を出しています。


≪以下の5教室があります≫

@ カウンセラー養成専門学院

A 母親教室

B 軽度発達障害児(夫・親も含む)対応教室

C 介護者・援助者が煮詰まり希望を無くさない為の勉強会

D セミナー(何故あなたの恋愛・人間関係・子育ては上手くいかないのか)




≪今までの誘那の研修の簡単な流れ≫

日本応用心理学会(JAAP) 創刊号特別企画

応用心理士のクロスワード

≪応用心理士の現場≫

■誘那のカウンセリング現場

 NPO法人APL・パラカウンセリング研究所(2005年に改名)は、2001年に設立し、Aをアビューズ(虐待)、Pをサイコロジカル(心理学的な)、Lをラボラトリー(研究機関)と意味付けし、Aの意味を広げDV・非行・燃え尽き・引きこもり・不登校、また、ターミナルケアや介護分野、軽度発達障害など全てにかかわるものがAの分野だと解釈し、さまざまな心理対応方法を研究・実践して
いる研究所である。

 その実践の為にはそれを支えるカウンセラーが必要であり、現在はそのカウンセラーの育成を主に行っているNPO法人である。

 2003年3月に応用心理士の資格を受け、同5月には読売新聞のメールかわら版に、カウンセリング教室をスタートとして載り300名近い研修申込者があった。

1年半かけてカウンセリング研修を行い2001年の4月のNPO法人立ち上げとほぼ同時期、読売新聞にNPO法人短信として載りこの時も200名以上の研修申込者があった。その他全国経営者団体連合会の雑誌スクエアや、各種雑誌・他新聞にも取り上げられ社団法人日本青少年育成協会の、不登校・引きこもりのサバイバー児に対するカウンセリング研修も依頼された。以後4年間引きこもり児やその父母などへの研修(毎回80〜100名)を行うこととなった。

また知的障害者親の会へのかかわりや、カウンセリング研修習得者を老人ホームへ派遣することも開始した。2003年・2004年は足立区と、2005年には台東区からの要請で、ヘルパー・ケアマネージャーへのスキルアップとしてのカウンセリング研修を行い、1999年越谷市立看護専門学校からカウンセラー講師として要請があり2005年の閉校まで勤め同年に社会保険中央看護専門学校にカウンセラーとして勤め現在にいたっている。

その他小学校や大学、商工会議所、区のワークショップや各種サポート校、各種勉強会への講演・講習と、千葉大学であけぼの会の女性会員へターミナルケアの研修から、方向が障害児とその父母や介護現場の介助者への対応に向かい、介助・介護する側の辛さ、切なさ、悲しさを知ることで「援助・介助・介護するものが希望を失い疲れきることがないように」という名目で2008年独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」の助成を受け千葉県・東京都の100名に研修を行いその流れが現在も繋がり研修を続けている。 

■新しい課題を見つけて

 今日まで研修をずっと続けてきた結果1つの課題が見えてきた。それは対人関係ができず自分探しをしていてカウンセリング研修を学びに来る数多い成人のほとんどに、軽度発達障害の傾向が多々あるということである。しかし具体的な証明ができないこと、本人または親自身がそのことをなかなか信用しないこともあり遠まわしな提示しかできない。

 また当研修者の多数が女性であることが多く、女性には母性があるため女性自体の軽度発達障害的傾向が目立たないのだが、多々そんざいしていること、そして子を成し母となった時、その母自身が軽度発達障害等々の傾向があることで、人の心が読めないために子に引きこもりや虐待、夫や身内や他者との衝突があるのだということが研修を重ねるごとに証明されており、それは本人自身がそのことに気づき修正しない限り改善しないものなのだが、それを如何にしたら世に伝えられるかということである。

 現在当研究所はその解決に向かっての研究を続けている。






HOME