HOME
最近のコメント&重要な報告

助成金の報告書

NPO法人APL・パラカウンセリング研究所
講師達の感想報告

講師からの感想・・・(1)

研修を終えて・・・山崎ゆかり

 2008年7月より8ヶ月間にわたり介護・援助する人の心のケアをテーマにした研修が行れました。

当所予想していた人数を大幅に上回る方達の参加申し込みがあり、参加された人たちは、介護・福祉の現場の関係者、子どもを養育している親など広範囲にわたり、心のケアに対する感心の高さと、ニーズの多さに驚きました。

 残念ながら、全てのニーズに対応することは困難で、人数を限らせて頂くような状況でした。この研修の目的はお世話する側の人たちの心のケアにありますが、単に相手の話を聴くためのテクニックを習得するにのみならず、相手に対し、心からの受容・共感ができるような心の整理・準備にあります。また、心の整理をすることにより、ケアする側の人たちの疲弊感や徒労感を緩和・軽減・解消することにあります。

 初回は初めて顔を合わせる方たちばかりでしたので多少の緊張感が見て取れましたが、各々の自己紹介から始まりゲームを行ったりと徐々に打ち解け、帰る頃には、4時間という長い時間にもかかわらず、あっという間に時がすぎた心地だと皆口にしていて、穏やかな雰囲気で終えることができました。

 普段の人間関係では愚痴を聞いたり、相談を受けたりという場面もあるでしょうが、カウンセラーとして話を聴くという姿勢は「相手の話に割り込まず、解決策はクライアント自身の内にある」という原則で対応する為いつもの相談行為との違いに戸惑いを感じられる方もおられたのではないかと思います。

 2回目以降の研修は、当NPOのスタイルであるウイークリー〜講義〜ロールプレイという形で進められていきました。ウイークリーは自由連想で「今の心の状態を話していくものです。特にテーマはありませんが、差し迫った問題を持っていなくても他の人の話を聴くうちに、自分の心の内側で呼応するものを感じ取ることもあり自分自身の心の動きに気づく良い機会であると思います。

 またロールプレイはそれぞれがクライアント、カウンセラーという役柄設定のもとに行われますが、この研修で特徴的なのはクライアント役が自分のことをノンフィクションで語ることにあります。自分の心を整理するというという目的にも繋がりますが、日頃自分のことを話す機会を得る事はなかなかないので、過去を振返り自分が成育歴の中で何を学び、感じ取ってきたかを確認することができたのではないかと思います。

 当初は自分を語ることに懐疑的であったり、抵抗を感じる人もおられましたが、無理強いするわけでもなく、この場が安心で・安全な場であるとの感触を持つうちに少しずつ自らの言葉で語り始め、自分自身のもつれて身動きできなくなっている思考や感情に気づき、徐々に表情が明るくなり、落ち着いた様子になっていくのが見られるようになりました。

 講義は多肢にわたり様々な事例や方法を学びますが、研修期間内では消化しきれないくらい膨大なものなので、参考事例として熟読するようにという意味合いも含めて、資料編を渡されました。研修の中盤では、これが一番時間を要したものではありますが、中央で行われるWカウンセリングです。

これは全員が囲み、見守る中でクライアント役に対しカウンセラー2名(研修生とフアシリテーター)という形で行われました。

実践的カウンセリングの方法を学ぶと同時に、ファシリテーターが介入することにより、無意識の中にある抑圧された感情を引き出すことができました。

この体験は、恐らく参加された全ての人たちに大きなインパクトを与えたであろうと思われます。安心かつ安全な場所で吐露される苦しい心情を自分の身に引き寄せ、照らし合わせ、受け入れ共感し、涙する場でありました。

また、他の人の中に起きた出来事は決してレアケースではなく、誰にでも、自分自身にも当てはまる部分があるのだということに気づくことで、より自分の心と真摯に向き合う姿勢ができたのではないかと思います。

この研修を通じて、カウンセラーとは、単に傾聴スキルを身につけるというだけではなく、カウンセラー側の心の整理を行って初めて相手の心に寄り添うことが可能となるということ、そして自分の心の無意識部分と真摯に向き合うことの難しさを実践を通して感じていただけたのではないかと思います。

講師からの感想・・・(2)

研修に参加して・・・鈴木由美子

 七月より始まったこの講習は、大人数であることと様々な問題を抱えている方達の研修となり、一回目の自己紹介から皆さんの研修に対する意気込みが感じられました。

 いろいろ、本で勉強している方もおり、自分なりに分析していて誘那さんの講義にそれを当てはめて納得している方も、多少あるようでした。

 回を重ねるごとに自分の内面を見つめていく作業がはじまります。居残りをして面接、自分の成育歴から自分のハードンチャイルド(心の深層に固まっている子)を見つけ出す。この作業にはやはり、誘那さんのWカウンセリングが一番大事で・必要で「私は幸せに育ってきました。問題ありません」という方が誘那さんの分析で、次々と自分のハードンチャイルドに気づいていく。これは、いつもながら圧巻です。

 カウンセラーは、自分の内面の整理ができていないとフラッシュバックがおきたり、心にガードを作り、他人の痛みに鈍感になり、クライアントへの対応ができなくなる。まず、自分自身のハードンチャイルドを見つけ、癒していくことでクライアントの心に寄り添えるサブサイダーになれる。一番大事な気づき打と思います。今回の研修には、傷害を持っているお子さん・不登校や引きこもりのお子さんを持っている親御さんが多いので、なかなか、自分自身のハードンチャイルドの前に子を何とかしたいという気持ちが強く感じられ、心の内面の整理までいかない方も少人数おられました。

 今回は64時間ですので、目の前の出来事を、毎日こなさなくてはいけない大変さも理解できますが、この先のスキルアップに期待したいと思います。

 大方の受講者は受講初めから比べたら顔つきが違います。きっと今回の講習を通して自分自身に気づき始めているのでしょう。自分のハードンチャイルドを知り癒すことで、自分が楽になる。「私は生まれてOKなんだ」ということを知って欲しい。

「癒されたハードンチャイルドはどんな時でも自分を裏切らないし見捨てない、もう一人の自分である」と気づくことで、本当の安心、何があっても心が痛まず、自分らしく生きていけると経験者の私は思います。

 皆さんにとってこの場、この仲間が安全で安心な場所となり、お子さんにとっては、お母さんが安全で安心な場所と思えることがこの研修の最終目標なのだと思います。

  

講師からの感想・・・(3)

研修の感想・・・大竹智恵子

 独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・傷害基金」助成事業としての、カウンセラー養成講座(8ヵ月 64時間)は、水曜2クラス・金曜1クラス・日曜1クラスの4つのグループに分けて実施されました。その研修を振返り感じたことを以下に記したいと思います。

 

(1)受講生の特徴について
受講生の特徴は、年齢幅が20代〜60代と幅広く、介護ヘルパーなど、介護事業にかかわっている人が多かった。また、ボランティア活動を通し、地域に根付いた活動をしている。
受講生の多くは、現在の仕事あるいは、ボランティアを通し、人とのかかわりに求められるカウンセリング行為の重要性を強く感じており、カウンセリング理論やスキルアップを求めて、各自の仕事やボランティア活動に活かしたいと本養成講座を受講している。
一方自分自身や、家族の人間関係のなんらかの問題を解決する為にカウンセリングについて学び、人間関係の理解・改善に役立てたいと、受講を希望した人もおり、受講動機や意識のズレが多少気になりつつ講義がスタートしました。

(2)研修内容と日程について
本カウンセラー養成講座は、カウンセリングに必要な専門知識や技術の習得に留まらず、むしろ、カウンセラーの能力や資質の開発にも力を入れ、ロールプレイを中心とした実践的プログラムに特徴があると思います。その意味では、1日4時間の実践的プログラムは密度の濃いものであり、受講生には息が抜けない緊張感があったように思います。
受講生にとって以外だと感じただろう面は、相談やアドバイス、世間話とカウンセリング行為の違いを、ロールプレイの実践を通して気づくことまた、表面的な「受容・共感」は、かえってクライアントだけでなくカウンセラー自身をも傷つける危険性があること、さらに言語に依存するのではなく、非言語によるメッセージの読み取り能力が、カウンセリング行為に影響を与えること、カウンセリング行為において、カウンセラー自身の内面を整える訓練は、クライアントとのラポールを築く上でとても重要な研修であると感じました。
特に、研修内容で受講生の意識に顕著な変化が見られたのは、中央で行ったWカウンセリングだったと思います。これは、より実践的なカウンセリング技法の習得に効果的であると感じました。 
2人で行うロールプレイを基本とするが、指導者がカウンセラーとして積極的に介入することにより、実践的なカウンセリング技法を観察し、カウンセリングの過程そのものを体験することは、技法の習得以上に、カウンセリングに対する意識の変化や、カウンセリングへの強い動機づけに作用するものと考えます。

(3)まとめ
今回の研修では、受講生が後半になるほど少なくなっていきました。これは、前述した本講座を受講した動機や目的意識の差が研修継続の意欲にも関連しているのではないかと思われます。
ある意味では、一般の人のカウンセリングに対する啓蒙的役割ともいえる教養的レベルの研修内容と、資格取得だけに繋がる職業的専門レベルとの違いがその状況を生じさせたのではないかとも思います。

 

講師からの感想・・・(4)

カウンセリング研修会の感想・・・石川紀子

 8ヵ月にわたるカウンセリング研修会では開始から短時間のうちに、ゲームなどを通して友好的な雰囲気が醸成されると同時に、自分のことを安心して語れる場という共通認識がゆきわたり、自己開示がスムーズに行われました。

 また、そんな中で毎回フアシリテーターに導かれながら、ほとんどのメンバーがこれまで経験したことのない自己の内面の扉を開き、無意識の世界を探る作業と同時に、カウンセリングの実習を順調に進めていきました。

 中には自己都合によって、あるいは内面を見つめることへのためらいなどから途中でやめる方もおりましたが「心の相談者」になるには、自分自身の心をまず知ることが大前提となります。

 この研修では、特にそこに重点がおかれ、そのため問題の根が深いと感じられるメンバーに対しては、研修終了後居残りでのカウンセリングも行われました。さらに「リチュアル」という育てなおしのワークを受けたメンバーもあり、気づきへのステップがより順調に運ぶ効果があったと思います。

 毎回行われる「ウイークリー」のワークでは、それぞれのメンバーから子供の不登校、家族との不和、福祉施設の相談者としての悩み、子育ての不安など、日々抱えている問題が吐露されました。この場は、自分のことをみんなの前で話すと同時に他のメンバーの話を聴き共感する場であり、さらに、それぞれの話に対して、丁寧なファシリテーターのカウンセリングが施される場でもあります。

暖かい受容と共感を受けると同時に、疑問を投げかけられ、内面を揺さぶられることもあります。そうした作業を重ねるうちに次第に話の内容が変わってきます。単なる問題の披歴ではなく、問題を通して自分の気持ちの変化が語られることが多くなり、このことによって心の表層ではなく、その奥にある何かに気づく作業が一歩一歩着実に進んできていることがうかがえました。

なかには、家族との関わりをとても明るく表現し、前向きに生きていることを話しながらも、表情に揺らぎのある痛々しささえ感じられるメンバーもいました。それに対してファシリテーターからは、深い受容の言葉と共にいわゆるポジティブシンキングの問題点が指摘されました。
 それはいわば気持ちを合理化し、負の感情を切り捨てる考え方であること、そして、相談者の悩みや苦しみに対して否定的な側面を持つことに繋がるということです。この指摘を受け入れその考え方を変えるのは大変ですが、カウンセリングにおいてとても重要なことであり、協調されてよいと思いました。

カウンセリングロールプレイでは、クライアント役やカウンセラー役の体験を重ねることで話の主訴は何か、再陳述の方法など、実際に他の人の話を傾聴することを学びました。

最初の頃は、自分の話を真剣に聴いてもらうことの心地よさや、逆に理解されないことの不愉快な気分なども報告されました。観察者を交えた3人のロールプレイに進むと、次第にただ聴くだけでなく、クライアントが何故そういうふうに感じ、悩むのかを考えながら話を聴くという態度に変わり、質問をしながら情報を収集し、より問題を深いところから理解しようという姿勢が見えてきました。

この研修会は、相談者の話を聴いて一時の安らぎを与えるだけの傾聴ボランティアではなく、相談者の深層心理を見つめ、混乱している心の整理を導き、相談者自身が自己肯定感を高める、いわば「癒せるカウンセラー」をめざすものです。そのためには、自己の内面を深く見つめハードンチャイルドという今の自分は覚えていないけれど、無意識の底で固まったままでいる「凍りついた子ども」という原点を見つけ、癒し、基本的なこの世界に対する信頼感を呼び覚まし、自分に自信が持てるように再構築するという段階を踏まなければなりません。

研修も後半では、それぞれのメンバーが、無意識の世界に生きている自分のハードンチャイルドに気づきつつあり、落ち着いた表情に変化してきましたが、更に自己探求を進めて欲しいと思います。また、現段階では、傾聴を経て実践カウンセリングの基礎が習得されたと思います。